闇金についてのQ&A

闇金に手を出さないようにするには?

闇金と呼ばれる業者からお金を借りてしまったことで、人生を台無しにしてしまった人も多くいるといわれています。男性の方も女性の方もお金になるような仕事を紹介されて仕事をして、それでもまだ返済がうまくできなくてというような状態になってしまった人も多くいるとテレビなどでも取り上げられることがあります。

お金に困ることも人生は長いですからあると思います。一生懸命働いていてもうまくお金をまわすことができなくて苦労することも多々あるとは思うのですが、その時のために貯金というものをしているのです。しかし、その貯金もできず、仕事もせず遊んで暮らしていると闇金に手を出さなければ食べることもできなくなってしまうこともあるのです。

闇金業者からお金を借りないようにするために、まずは一生懸命働くことから始めることです。そしていつも贅沢をしているとお金は足りなくなってしまいます。少しでも節約をすることを心がけることです。そして怪しいと思った場合は借りないようにすることです。

闇金業者からお金を借りてしまったら手を切るためには司法書士か弁護士に相談をしなければならないといわれています。手を出さないことが何より大事なのです。闇金業者はもうどこにもお金を借りるところがない人などを調べて甘い言葉で誘導してお金を借りてもらおうとします。お金がなくて困っていても他に助けてくれるところはあるのです。怪しいと思ったり、闇金だと確信している場合は絶対に借りないようにしましょう。

どうして闇金で借りたらダメなの?

お金を借りられる場所が増えてきている中で、国に登録をせずにお金を貸している業者があることをご存知でしょうか?その業者のことを世間では闇金と呼んでいます。

闇金と呼ばれる業者にお金を借りてはいけない理由、それは法律でお金を貸していいと決まっていないからです。法律でしっかりと決められているところからお金を借りる場合は金利の上限が決められています。ということは金利から計算される利息というものもむちゃくちゃな金額を請求されることはないのです。

しかし、国に登録をせずにお金を貸している闇金という業者に関しては金利の上限がありませんので好きなだけ利息を請求することが出来るのです。テレビでもよく取り上げられていることがあるのですが、口座番号を教えてしまったことにより勝手にお金を振り込まれてしまい、手数料や電話代や振り込んだお金の利息などを請求してくるというようなことがあるようです。

その場合の相談先は弁護士なのですが、恐喝にも近いような取り立てを行われており精神的なダメージを受けて怖くて外にも行けないような生活を送っている人もいるようなのです。闇金業者からお金を借りることにより怖い思いもすることになりますし、性格や人格というものが変わってしまうこともあるのです。お金を稼ぐことはとても大変なことです。しかし、自分が生活をする為に必要なお金や贅沢をしたいと思うお金は一生懸命働いて稼ぐようにしましょう。

闇金の利息はどれぐらい?

闇金と呼ばれる業者からお金を借りてしまったら、どのぐらいの利息を請求されると思いますか?

テレビで取り上げられていた人の話を聞いていたのですが、口座の番号を教えた次の日に1万円が振り込まれていたようです。1万円が振り込まれていてなんとか生活をすることが出来たと思っていたら、闇金業者から電話がかかってきてお金を振り込んだ時にかかった手数料や手間賃、そして貸した1万円の利息を支払ってくれと脅されたようです。

私が見ていたテレビでは手数料や利息や手間賃などを含めて5万円ほどを請求してきていました。1万円振り込んでもらっただけなのに、次の日には5万円も返済をしてほしいと連絡が着たのです。国に登録をしてお金を貸している銀行や消費者金融などでは利息の上限が決まっていますし、利息は1か月ごとに決まっているといわれています。ですが、前述にある請求方法でしたら1日しかたっていないのにすでに利息が決まっているということになります。

闇金業者は国に登録をしていないので、利息などの上限もありませんし好き放題、返済や手数料や手間賃をほしいということが出来るのです。闇金の利息は決まりがないということになるので、運次第ということにもなります。そんな恐ろしいところからお金を借りることになると人生が台無しになってしまいます。世の中には悪いことをたくらんでいる人はたくさんいるのです。自分でしっかりと見極めたうえで行動をするようにしましょう。

取り立てが怖いって本当?

闇金業者の人からお金を少し借りただけで、恐喝のような方法でお金を取り立てに来るという話をきいたことはありませんか?ドラマや映画になっているものもあるようなのですが、実際の闇金業者もドラマや映画のような恐喝に近い取り立てを行っているようなのです。

弁護士に相談に来る人も多いようなのですが、テレビなどでも取り上げられており弁護士対闇金業者というようなタイトルで放送されている時もあります。私は、旦那様が稼いでくれたお金と自分がアルバイトをしているお金で生活をやりくりしているのですが、それでもお金が足りなくなってしまい、クレジットカードでお金を借りたりすることもありました。まだ返済できていない分もあったのですが、こういったテレビを見て怖くなってしまったので貯金を崩してでも全額返済をしてしまいました。

闇金業者の人はいろいろなところからお金をかりている人や、ブラックリストに乗ってしまっている人、お金を借りられなくなってしまった人などに声をかけてお金を貸したりするようです。お金を借りるところがなくなった人からすると貸してくれる業者があることが嬉しくて借りてしまうようなのですが、借りてしまったら返済や無茶な利息を請求されるようになり、それは自分だけではなく家族や親しい人にも声がかかるほどだといわれているのです。テレビの情報だけでは取り立てが怖いというのは本当のようです。しっかりお金を稼いで無茶な使い方はしないようにしましょう。

銀行や消費者金融とどう違うの?

今の世の中にはお金を借りられる場所がたくさんあります。お金を稼ぐためにはたくさん努力をしなければなりません。仕事をする為の能力や人と付き合う為に必要なコミュニケーション能力も必要になります。全てをひっくるめて仕事をしているということになるのです。

前述にもある通りお金を借りるところがたくさんあるということなのですが、どこで借りることが出来るかご存知でしょうか?お金を借りられる場所というのは銀行や消費者金融です。クレジットカードにもキャッシング機能というものをつけることが出来るといわれています。

しかし、もう一つ気を付けなければならないですがお金を借りられるところがあります。それが闇金業者です。闇金業者に気を付けなければならないということというのはなぜかというと、銀行や消費者金融とは違い国にお金を貸してもいいという登録をしていないからなのです。登録をしていないのにお金を貸してもいいのかというと、本当はいけないことです。そのため、警察の人につかまってしまう法律違反なのです。銀行と消費者金融との大きな違いというのはこの部分になります。

法律違反なのにも関わらずなぜ闇金業者が消えないのかというと、お金を借りることが出来なくなってしまった人が頼りにしているということもあるからなのです。本来ならば捕まるような業者なのですが、もうどこにもお金を借りられない人には闇金業者がくれる1万円も必要なのです。ですが、借りればそのあと法律違反になるほどの利息を請求されてしまうのです。もしお金を借りなければならなくなってしまったらしっかり国に登録しているところで借りるようにしましょう。

専門家に相談したら必ず手がきれるの?

闇金業者にお金を借りてしまったことにより、弁護士や司法書士の先生に相談に行く人がいるようです。専門家の先生に相談をすることにより解決することが出来るといわれているので、弁護士や司法書士の先生に相談に行くようなのですが、実際には相談に行ったからといってすぐに闇金業者の人と手がきれるわけではないようです。

専門家の先生は直接闇金業者の人に電話をして話をしてくれたりするようなのですが24時間その人のことを守るわけではありません。そのため、その時は引き下がっていたとしても家に帰ってから、夜になってから再度、取り立てにきたりする場合があるようなのです。闇金業者に手を出してしまえば簡単に手を切ることができないということは頭に入れておかなければなりません。

では、どのようにしたらいいのか?

それはもちろん闇金業者の人からお金を借りないようにする事です。闇金業者の人の相談に行くぐらいなら膨れ上がってしまった借金をどのように整理していけばいいのかを相談に行く方がいいのです。

少しでも借金を減らして普通の生活を出来るようにしてくことを考えるのが一番なのです。闇金業者の人はお金に困っている人に甘い言葉をかけてきます。それにのってしまうことにより専門家の先生に頼っても手がつけられないことになるかもしれないのです。絶対に甘い言葉にだまされないようにしましょう。そして、お金を借りる前に借金についての相談に行くようにしましょう。